2019年08月06日

温存していたユーノスロードスター

M08はできたんで、とりあえず、ボディを作ってみます。
とりあえず、リヤ駆動のボディで考えると

・サバンナ
・ビートル
・ロードスター
・アルピーヌ
・シルビアS13/15

う〜〜〜ん、どうしよっかなぁ(´-ω-`)
って、レギュレーションを見ていると、

2019_07_07c.jpg

昨年は、代表クラスが、マツダ縛りでしたが、
今年は、代表クラスとは別に、「マツダチャレンジクラス」ってのができたようです。

で、見つけちゃったよ。

2019_07_07d.jpg


ユーノスロードスター!!(☆∀☆)


ということで、実家から、ユーノスのボディを召喚!

リヤのボディの穴位置が、違うようなので、
まずは、ボディの穴位置を決めます。
貴重なボディなんで、失敗しないように、細心の注意を払います。


2019_07_06.jpg

まずは、太めのマスキングで、ルーフの左右と、トランクの左右のラインを繋ぐように
交差した部分で、まずは、ボディのセンターを出します。
ボディマウントの幅をマスキングテープに、書き込んで、センターになる位置を書いて
最初に確認したセンターに沿って、マスキングテープを貼って、位置を決めます。

こんなやり方で、穴位置を割り出しているんですけど、
前後方向の位置は、結局、目分量になってしまうんですよねぇ
もうちょっとうまい方法はないもんかなぁ・・・・・・


で、ちーぱぱさんに切ってもらったマスキングシートを貼って

塗って・・・・・


完成!!!


2019_07_07.jpg

2019_07_07a.jpg

今回は、ボディサイドの赤青のラインを交差させてみました。
コメダマークを斜めに配置しなかった代わりに、
ボデイサイドのラインで、デザインに動きが出たんじゃないかと。
まぁ、自己満足ですが(´・ω・`)


2019_07_07b.jpg

さて、そんな走りになるかなぁ・・・・・
楽しみ楽しみヽ(・∀・)ノ
posted by ひざこぞう at 20:07| 岡山 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: